スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高品質なグッズ用Tシャツを作る方法

8月に行った「おい、ゆとり! お前の服ください」というユーザー生放送番組でオリジナルTシャツを作成しました。
同様のTシャツを作りたい人のために、レポートを書きます。

参考になりましたら幸いです。

■まとめ

  • Tシャツは50枚発注の場合、1枚1000-2000円で作れます。品質と印刷で値段変わります。
  • ちゃんとしたボディと国内工場を使えば品質は商用レベルです。洗濯OK、着心地Good
  • 納期は最短2週間、通常3週間程度みておくといいようです。

 

■GoogleでTシャツについて検索する

まずGoogleで検索して、だいたいの値段と条件を絞りました。
web見積もりなどをしてみたところ「インクを使うほど高い」ということがわかりました。

 

わかったこと

  • 土台となるTシャツは300円~1000円まで幅広い
  • 印刷は「版+インク代×Tシャツ枚数」分値段がかかる。
  • 色をたくさん使うほど、高くなる
  • 印刷面積が大きいほど、高くなる

たとえば「50枚のTシャツに2色で30cm四方の面積に印刷したい」場合
『Tシャツ500円×50 + 版5000円×2 + インク300円×2×50枚=65000円』みたいなかんじです。
これをもとにお金とデザインのバランスを考えて条件を決めました。

 

■6社にwebで見積もりをとる

調査をもちに条件を決めて見積もりをとってみました。

 

条件

  • ボディのTシャツはまともな品質のモノをつかう
  • 50枚
  • 前面に2色刷りのメインデザイン
  • 背面に1色刷りのワンポイント
  • 7月30日までに納品
ライブカラー株式会社 76,855円
有限会社ウエディア 51,450円
プラスワン 87,563円
オリジナルプリント特急便 74,340円
株式会社ラブ・ラボ 61,163円
株式会社ダブルデプ 81,152円

 


(この価格は時価であり、条件や時期により価格が大幅に異なります。また、各社同一条件ではありません)

 

webのお見積もりフォームに入力してポチポチしたら2日以内に返事がきました。各社すべて7/8に見積もりして7/30までOKとのお答えでした。
ただ、夏はイベントシーズンで混み合うため、発注は気をつけた方がいいようです。

口コミや、ボディシャツの品質、印刷の方式などを考えて『株式会社ラブ・ラボ 』を利用することにしました。
http://www.rub-lab.com/

 

土台のTシャツは6.2オンスのTシャツです。Tシャツは糸の重さや生地の厚さで品質が決まります。ラブラボさんのものはユニクロにうってる1500円のTシャツみたいなものだとおもってください。つまり、実用性十分です。なお、ちょー安いTシャツはペラペラでとても着られないので、用途によっては避けたほうが無難です。

 

■ラフデザインを10案用意

「おい、ゆとり! 明日泊めてください。」という企画で知り合いになったデザイナー「はすた」さんに発注しました。(有料です)
・オレンジ色
・女性が何とか着れるデザイン
・派手で、グッズとして面白いもの

まず5案出していただきました。

  design_01 design_02 design_03 design_04 design_05

 

5案すげーです。

この5案を見て「伊予柑を一切知らない人にあげる」ことを前提に、顔を中心とデザインにすることに決めました。 で、さらに5案デザインをいただきました。

 

design_06 design_07 design_08 design_09 design_10

 

ちなみに普通の人は5+5案も出さないとおもいます。
今回デザイナーさんが超手が早くて優秀だったのでやっていただいたかんじです。

■本デザイン案を決める

10案のなかから一つを決めて色味の微調整を行いました。
非常に素早くデザインを出していただいていただきました。個人でもお仕事請けてくださるとおもうので、ご用のかたは伊予柑にご連絡いただければ取り次げます。

 0713_design_08_t

雷の色やサイズなどこまごまといじって完成です。

 

■発注

ラブラボさんに発注してaiファイル(イラストレーター形式)を納品しました。

aiファイルでなくてもjpegでも納品できる気配です。

ここらへんは俺はトラブルがなかったので特に書くことがないです。

 

■納品

で、数週間たつとデカイ段ボールでどん! ときました。

袋詰めサービス(1枚20円)をつかったので、袋にはいって納品されました。 DSCF5141 

■Tシャツの品質について

よかったところ

  • 3ヶ月かけて10回以上洗濯しても印刷はあまり劣化しない。
  • 着心地が普通に良い。

安いTシャツにアイロンプリントをすると、洗濯で劣化したり着心地が悪かったりします。
さすがにまともに国内工場に発注したかいがあり、品質は十分満足できました。
(ていうか俺が持ってるやっすいTシャツより全然高品質です)
プレゼントした人にも「あ、着心地がいいね」といわれました。

 

新品

 DSCF5140

10回くらい普通に着て洗濯したやつ

DSCF5139

ほとんど差がわからない!!!

 

 

困ったところ

  • 印刷ズレが出ることがある

 

2版刷りをしたのですが、1,2枚印刷ズレがありました。 白インク部分と黒インク部分がずれて重なっちゃうのだ。
版を多様する人は気をつけたほうがいいかも。
あまりに多いようならクレームをいれたほうがいいとおもいます。

 

【追記】

mio3さんよりアドバイスいただきました。

版ズレが出るのはどんな高品質な印刷所でもある程度発生するとおもったほうがよく、版ズレが出ても大丈夫なデザインにしたほうがよいとのこと。例)白と黒の版を使うなら、白版を黒との重なる部分に5~10mmほど広く作っておいて、万が一ずれても、何もない部分が出来ないようにする

あとは利用者の声を地道にあつめて版ズレが少ないところを探すのがよいそうです。

 

 

以上となります。enjoy オリジナルTシャツ!

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

伊予柑

Author:伊予柑
掃除・管理・事務が一切できないぐうたらなので、ニコ生で募集して、バイトを雇ってみました。

iyokan.nico(あっと)gmail.com
スカイプ:iyokan_nico
twitter:iyokan_nico
ニコニコミュニティ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。